遺品整理というと、気持ち的にも作業量的にもあまり気が進まないものですが、始めなければいつまで経っても終わらないのも確かです。
一般的に遺品整理を始めるタイミングは四十九日や百箇日の後で、親族が一堂に会する一周忌も定番だといえます。

誰かが勝手に始めるわけにはいきませんし、物の数が多いと日数が掛かりますから、なるべく早めに話し合って計画を立てたり作業を進めることが必要です。

遺品整理に要する日数は家の大きさや部屋の数、そして故人の遺品の量に左右されます。

ワンルームなら数日から1週間ほどで終わることもありますが、戸建てとなれば数週間から1ヶ月は掛かります。

また複数の家や生活拠点を持っていたり別荘などもあると、更に日数を要することになるでしょう。

遺品に対して遺品整理の作業を行う人が少なければ、それだけ日数は増えていくことになります。

1年がかりや数年単位になることもあり得ますから、しっかりと計画を立てて協力しながら早く終わらせることが重要です。

手が回らなかったり人手が足りない場合は、専門スタッフによる遺品整理サービスの利用や部屋の片づけを専門にしている業者に依頼するのが現実的な選択肢になるでしょう。

短期間で遺品整理をする際のポイント

近親者が亡くなった場合には、故人が生前に所有していた物品の整理(遺品整理)を行う必要があります。

遺品の中には不用品も多く含まれていますが、リサイクル可能な物や換金可能な高価な物品もあります。高価な物品が見つかっても、不用品と判断して廃棄してしまうケースも少なくないようです。

不用品を廃棄する際も、地域ごとに定められているゴミのルールを守る必要があります。

遺品整理では故人の思い出の品・高価な品物・不用品を正しく判断することが求められるので、慣れていない人にとっては簡単な事ではありません。

家電や家具などの大型粗大ゴミの処分をする必要があり、場合によっては数週間~数ヶ月間を要するケースもあるほどです。

自分で遺品整理をすると、多くの時間や体力が奪われてしまうことでしょう。

遺品整理で失敗をしたくないのであれば、プロに任せる方法があります。大量のリサイクル品や粗大ゴミが含まれていたとしても、1日~2日程度の短い期間で処理してもらえます。

少ない負担で遺品整理をしたい場合は、専門の業者に見積もりを依頼することをおすすめします。