新聞紙をシンクの近くに収納しておき、生ゴミがいっぱいになったら新聞紙を取り出します。ある程度の水分は新聞紙が吸ってくれるので、気にせず新聞紙で生ゴミを包んでしまいます。シンク下の引き出しにこれまた予めビニール袋を準備しておきます。そこから取り出したビニール袋に新聞紙で包んだ生ゴミを入れ、ゴミ箱に捨てれば終了です。生ゴミを捨てるという事をスムーズに行うために、事前に何をどこに収納するか、どうしまうかを考えてキッチンの収納を考えてみましょう。事前の下準備が今後をぐっとラクにしてくれます。

昨今重要視されているエコバックはすぐ取れる場所がやはり便利。買い物に出かける際に、目立たないけれどすぐ取れる場所にしまっておくのがいいでしょう。買い物袋をかける場所は、例えばエプロンをかけるような、あまり目立たずかつ取り出しやすい場所を想像してみるといいでしょう。